インナーパラソルはどんなサプリ?おすすめできない人とは

どんな人が飲んでいる?

飲む日焼け止めは色々なメーカーが開発して販売していますが、それぞれ配合量や目的などが違っていてよく飲まれている年齢購入層があります。

 

インナーパラソル

 

インナーパラソルはどんな方が飲んでいるサプリなのでしょうか。

 

しっかりニュートロックスサンを摂取したい人

 

インナーパラソルを飲んでいる方はニュートロックスサンをしっかり摂取したい人です。

 

インナーパラソルは250mgのニュートロックスサンが一日で取れるようになっていて、ニュートロックスサンの開発メーカーは推奨している量を摂取することができます。

 

またパインセラやビタミンCやビタミンPなどもしっかりと摂取量が表示されていて、他の飲む日焼け止めのようにどのくらい成分が入ってるのか分からないということがありません。

 

つまり成分を重視している飲む日焼け止めです。

 

ですので、しっかりと効果を求めたい人に向いています

 

ただしその分値段が高くなっていて、他の飲む日焼け止めサプリよりワンランク価格が高いです。

 

ですので、10代の方よりは20代から30代の方によく飲まれています。

 

こんな方にはおすすめできない

次にインナーパラソルのデメリット見ていきたいと思います。

 

その1.予算が少なめの方

インナーパラソルのデメリットは値段が高めなこと
中にはいくら成分がしっかり入っていても値段が高くては続けられないと思う方もいるでしょう。

 

例えば10代のであれば1ヶ月のサプリ代にかけられる費用は限られているので、インナーパラソルは少し値段が高いと思います。

 

10代の方にはやかないサプリという飲む日焼け止めが人気です。

 

このサプリは1回でも注文できて値段が安いので、部活の時に飲む体育祭の時に対策したいという一回だけの対策にも使われているようです。

 

その2.ニュートロックスサンにこだわらない

飲む日焼け止めはニュートロックスサンだけではなくパインセラやフェーンブロックのような他の成分もあります。

 

特にニュートロックスサン飲んでみたいと思わない、他の美肌成分を試したいという人にはインナーパラソルはあまり向いていません。

 

その3.色々な成分を試したい方

色々な成分を試したい方はホワイトヴェールという飲む日焼け止めが人気です。
フェーンブロックの成分を試したい方はヘリオケアやノーブnouvといった飲む日焼け止めを飲んでいます。

 

ニュートロックスサン以外にも南欧で開発されている飲む日焼け止め成分というのはいくつもあります。

 

それが3つ入っているサプリメントはメディパラソル
メディパラソルはレッドオレンジコンプレックスとオリベックスというさらに2つの成分が配合されています。

 

インナーパラソルこんな方におすすめ

インナーパラソルはどんなサプリ?おすすめできない人とは

 

インナーパラソルはニュートロックスサンの配合量が圧倒的に多いですので、ニュートロックスサンをしっかり試したい方に最適だと思います。

 

他の飲む日焼け止めで250mmのニュートロックスサンを摂取しようとすると1ヶ月に2袋、3袋必要になってしまいますので、費用的にもインナーパラソルが一番安くなります。