インナーパラソル 危険 副作用

インナーパラソルには副作用などはないのか

インナーパラソルに含まれているのは食品です。

 

インナーパラソル

 

まずシトラス果実とローズマリーの葉エキスそして水あめやキノコそしてパイナップルのエキスやビタミンbやビタミンCなどが含まれています。

 

メイン成分であるニュートロックスサンはグレープフルーツとローズマリーですので、馴染みのある食品です。
安心して摂取することができると思います。

 

GMP認定工場で生産

インナーパラソルのデメリットや危険な副作用は?

 

インナーパラソルは厚生省が認定しているGMP認定工場で生産されています。

 

GMP認定工場は簡単にいってしまうと品質管理が徹底されている工場で生産しているということ。

 

製品が材料から加工されて出荷されるまで安全に作られて、一定の品質が保たれるための製造工程管理基準のことです。

 

サプリメントは製造の過程で成分にばらつきが出たり、有害物質が混入する可能性がありますが、GMP認定工場で作られているサプリメントはそのような心配がありません。

 

HACCPをクリア

インナーパラソルのデメリットや危険な副作用は?
インナーパラソルを作っている工場はHACCP認定を受けています。

 

HACCPというのは簡単に説明すると食品を製造するときに雑菌や有害物質などが入らないように徹底した品質管理をしているということです。

 

放射能検査済み

インナーパラソルのデメリットや危険な副作用は?
インナーパラソルは放射能検査を行っていてセシウム137、セシウム134、ヨウ素131などの放射性物質が検出されないことが確認されています。

 

飲んではいけない方や薬との併用は

妊娠中は飲めない

インナーパラソルの成分にはローズマリーが含まれているので妊娠中は摂取することを控えた方が良いでしょう。

 

他のサプリメントなどとの併用は

インナーパラソルは健康食品、つまり食べ物ですので、他の薬やサプリと一緒に飲んだからといって副作用などが起こることはありません。

 

インナーパラソルの注意書き

インナーパラソルは1日の目安が2粒〜6粒と決まっていますので、それ以上たくさん飲んだりせずコツコツと毎日飲むことが大切です。

 

体に合わない場合も

体質によっては体に合わない場合もあるそうです。

 

■ご利用上の注意
・過剰摂取を避け、1日目安量をお守りください。
・開封後はチャックをしっかり締め直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
・乳幼児の手の届かない所に保管してください。
・体質や体調によって、まれにからだに合わない場合(かゆみ、発疹、胃腸の不快感など)を感じる場合があります。その際は、ご利用をおやめください。

 

かゆみや発疹や胃腸の不具合などの症状が現れた場合は飲むのをやめてください。
薬ではないので相互作用などは起こりませんが、病気の治療をしている方は心配であればお医者さんに相談してから飲んだ方が良いでしょう。